子供達に自然体験 わさび探検とかるた作り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA伊東市NPO法人アートの里伊豆高原絵本の家、中込さんに誘われて、日本農業遺産に指定された「静岡水わさび」を見学し、学び、さらに、その感想を「かるた」で表現するといいう、凝った企画に行ってきました。

http://www.maff.go.jp/j/nousin/kantai/giahs_3_122.html

小学生、大人が参加。静岡市街の大学生2名も参加しました。

年齢層が様々で活気づきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

河津の梨本というところ(135からメイン通り、七滝の手前です。)の山の上に上がる途中に大きなわさび田が広がっていました。

水が綺麗ではないと育たないわさび田があちこちに見られる伊豆半島はそれ自体で

水の良さを物語っています。

殺菌力も高いわさび田。抗菌もしてもらっているようです。

梨本は里山の風景が広がる地域で、わさび田も広々としています。

河津観光交流館(公民館)に戻って、子供達はて始めに隣のお互いの似顔絵の描きあい。

空気にも、お隣さんにも馴染だところで、わさびにちなんだ絵かるた作り。

絵本読み聞かせの名手、中込さんの手慣れた誘導で、子供達が想像力を膨らませる。

今伊豆半島、というか、「GEOパーク」全体の活動が活発的!

町もボランティアの方々も次世代に結びつくように頑張っています。

遊びながらGEOを学ぶ。本当にいい企画でした。

しかし、子ど達に「わさび」のテーマはまだ厳しいかも!

かるたの絵に泣き顔も幾つか出ていました

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中