1Day藤野ツアーに行きました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA1Day藤野ツアーに行きました!トランジションタウンジャパンの発祥地といえば、
何と言っても藤野町!
難しいと言われる地域通貨が機能してる、珍しいコミュニティ再生成功タウンを
しっかりと見てきました。

トランジションタウンってどんなこと?地域通貨はどんなふうにやっているの?
藤野ってどんなところ?活動ってなにしているの?
トランジションタウン藤野の「今」を完結にまとめられたツアーに参加させていただきました。

藤野中央公民館
自己紹介、トランジションについての説明

知る人ぞ知る、かつて過疎化が進んでいた藤野町は、今や地元住民の割合を上回る、全体の60%が移住者になっています。
この時も引越し準備の方が何名かいらしていました。
定員の10名は越してしまって、お家族連れなども遅れて参加。
少し遠いところからも参加。
「噂を聞いて駆けつけてきたぞ!」といわんばかりに、小宮山さんの説明を皆さん熱中して聞いていました。
移住前に、コミュニティが濃そうな町、多くの説明会やイベントが、移住前に視察に訪れる人々の、引っ越す意欲を後押しします。

http://ttfujino.net/#activity
地域通貨よろづ屋
一般的に難しいと言われる、地域通貨が機能しています(善意のお手伝いや、物々交換などを、金銭のと引きなしに行います)増えに増えて400人がメーリングリストに登録しています。
https://fujinoyorozuya.jimdo.com

典型的なものは子供のお迎え、車で送り迎え、掃除の手伝いなど。。。
私が驚いたのは、今の時代を考えると、この信頼関係は只者ではない!という事です。
藤野町に住んでいない貴方、ご自身の地域や、会社の雰囲気など見渡してみてください。信頼関係はどうでしょうか?
地域コミュニティを頼れるこの仕組み、これは滅多にない町ですね!!

やりたい事がそれぞれある。。。
やりたい事がありすぎて、散漫になってします。
という事で、部活動化する事で、活動が絞りこまれています。
あれもこれも、と頭を飛び交いすぎても、
「今日は森を整えよう」、と、自分でも気持ちがまとまります。
地域チキン見学(お百姓クラブ)
http://www.takutotsuchiya.com/wordpress/?p=326

きらめ樹見学(森部説明)
http://ttfujinomoribu.blog.fc2.com

廃材エコヴィレッジゆるゆる見学
https://haizaiecovillage.amebaownd.com
廃材エコヴィレッジゆるゆる!!
傍嶋 飛龍さんというアーティストが、廃材を使ってセルフビルドをゆるゆると進めています。
セルフビルドイベントなどもゆるゆる開催しています。
この日は小雨のため、大きな倉庫一杯に詰まった、アーティスティックな発展途上的な建築や造形がよりファンキーな雰囲気を醸し出していました。

コンテンポラリーアートのようなだったり、廃材が持つ味が、南アメリカのような感じだったり、結局、なんだかよくわからないけど、すごい。シェイプが決まってる。と、評価する方も選ぶ言葉が抽象的になります。
飛龍さんのプロデュースする子供たちに向けた想像力を高めるアートワークショップも、大人が楽しむ(?)ゆるゆる横丁などのイベントも、機会があれば参加したいです。

私もいわゆる10年近く前の、過疎化の進んだ藤野町を訪れたのが最後だったので、今、こんなことが起こってるんだ!!とサプライズ。
各地、面白拠点や、レストランなど、コミュニティが常に活発に動いています。
さてさて、美しい自然が詰まった伊豆半島でありながら、少子高齢化の対策があまり進んでいません。何かの形で影響を受け、地域コミュニティ形成の参考になればと思います。

p4012050.jpg

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中