トランジションタウンとは?

誰にでも できることから。

地域の仲間をつくることから。

■トランジション・タウンの起こり
トランジション・タウンは、2005年秋、イギリス南部の小さな町トットネスで、パーマカルチャーの講師、ロブ・ホプキンスを中心に始まりました。関心と情熱を共有する人達が集まり、立ち上げグループが結成され、映画上映会、暮らしの基本的技術再習得講座、自然エネルギープロジェクトなどを企画し、また地域通貨を発行しました。
関連団体、企業、行政などとも協働関係を築き、トランジション・タウン運動は、瞬く間に地域を巻き込むことになりました。

■トランジション・タウンの活動とは?
トランジション・タウンの活動は、市民が自らの創造力を発揮しながら、地域の底力を高めるための、実践的な提案活動です
日々の暮らし方をほんの少し変えるだけで、楽しくて豊かに、そして自由になれること
トランジション・タウンの活動は、コミュニティの中でそうした変化を作り出し、実践し、共有していくこと
そんな実践を積み重ねることで、いま暮らしている地域を、より暮らしやすく、災害に強く、誰もが参加できる場所に変えていく、草の根の活動なのです

■トランジション・タウンの活動の考え方
エネルギーや食料
心や身体の健康
気候変動や環境の変化
格差社会や、社会に参加できない人の増加
いまの社会が抱えているたくさんの困ったこと、解決しなければならない問題を、あっという間に、魔法のように解消することはできません。
でも、もし地域のコミュニティのつながりを強くしながら、みんなで考え、行動すれば、そうした問題を同時に解決できるかもしれない。それがトランジション・タウンの活動の考え方です

■トランジションとは?
トランジションとは、「移行」を意味する英語(transition)です。何から何への移行でしょうか?
それは、エネルギーを多量に消費する脆弱な社会から、適正な量のエネルギーを使いながら、地域の人々が協力しあう柔軟にして強靱な社会、持続可能な社会への移行
エネルギーを大量に使う社会は一見、便利で快適ですが、ひとたびエネルギーの供給が止まれば、人々は生きていくことすら困難になることが予想されます。スーパーに並ぶ食料も満ちあふれる製品も、エネルギーが途絶えると、とたんに消えてしまい、なにひとつ機能しなくなる脆弱な社会なのです。
適正なものを適正な量だけ作り、大事に使い、食べ、使い終わったものは無駄なくリサイクルする。そうした社会に向かうために地域の仲間といっしょに、地元の資源を使ってエネルギーを作り出すこと
地域の人々が集まって菜園や田んぼを作ること
勉強会や上映会を開いて、私たちの住む社会の問題意識を共有すること
昔から伝わっていて、途切れてしまった技術を蘇らせること
お年寄りから昔の知恵を学ぶこと
いまとは違う暮らし方を見つけ出すこと
それがトランジション・タウンの活動です。

https://www.transitiontowntotnes.org

 

主催:アースデイ倶楽部

http://life-sty.com

広告